発表者へご案内

使用言語

日本語もしくは英語とします。スライド、ポスターは英語で作成してください。

シンポジウム

  • オンライン配信の都合上、発表は会場に設置したノートパソコン(Windows 10、PowerPoint 2016・2019)の使用に限ります。発表者は発表用スライド等のデータをUSBメモリなどに保存し、ご持参ください。
  • 事前投影テストが必要な場合は、シンポジウム前に会場にてお願いいたします。発表のない空き時間に発表会場まで、発表用スライド等のデータを保存したUSBメモリをお持ちください。
  • 演台にはレーザーポインタとマイクが備え付けられています。
  • PCからの音声出力はできませんので、予めご了承ください。

ポスター

  • ポスター発表は11月20日(土)・21日(日)に沖縄県市町村自治会館ホール4F中会議室・大会議室にて行います。
  • ポスターの発表者は、下記の時間帯で指定番号の位置に掲示してください。
    掲 示:11月20日(土) 8:30~14:00
    撤 去:11月21日(日) 13:00~15:40 (以降は学会事務局にて処分いたします)
  • ポスター示説時はご自身のポスター前に待機し、質疑応答を行ってください。
    グループA(ポスター番号末尾が【A】の演題):11月20日(土)14:10~15:10
    グループB(ポスター番号末尾が【B】の演題):11月20日(土)15:10~16:10
    グループC(ポスター番号末尾が【C】の演題):11月20日(土)16:10~17:10
  • ポスターボードの大きさは縦180 cm × 横90 cmです。左上に演題番号が貼られていますので(縦20 cm × 横20 cm)、余裕をもってポスターをご準備ください。
  • ポスターはPDF形式のものをGoogle DriveにWebでも掲示していただきます。3分程度の音声による説明ファイルを添付していただくことも可能です(優秀ポスター賞エントリーの場合は必須)。
  • ポスターPDF・音声ファイルの作成方法はこちらをご参照ください。
  • 参加者は学会期間中、Google Driveを使用してWeb上でポスター閲覧することができます。示説前に、Web上でポスターをご確認いただき、示説は質疑応答から始めてください。
  • Web上のポスターに対しては、コメント機能を使用することで質問やコメントを残すことも可能です。ポスターのPDFファイル、質問とコメントは大会終了1週間後に削除いたします。
  • ポスター発表を行った学会員の中から「優秀ポスター賞」を選考し、日本時間生物学会より表彰いたします。受賞者の人数は発表者の5~10%です。優秀ポスター賞は学術大会に参加する評議員の投票をもとに、ポスター賞選考委員会にて選考いたします。
  • 優秀ポスター賞に応募される発表者の方は、Web掲示と音声ファイルの添付を必須とさせていただきます。
    ※本大会ではデータブリッツは行いません。

優秀ポスター賞

ポスター発表を行った学会員の中から「優秀ポスター賞」を選考し、日本時間生物学会より表彰いたします。優秀ポスター賞へのエントリーは参加登録の際に行ってください。対象者は学会員に限ります。

(以下、日本時間生物学会会則より抜粋)

  • 賞の名称および目的:賞の名称は日本時間生物学会学術大会優秀ポスター賞とし、若手研究者の育成を目的とする。
  • 対象者:受賞対象者は日本時間生物学会学術大会において優秀なポスター発表をした者とする。
  • 人数:受賞者の人数はおおむね発表者の5~10%とし、柔軟に対応する。
  • 審査員は学術大会に参加した評議員が務める。
  • 審査員は優秀なポスター発表を選び投票する。
  • 投票結果に基づき、選考委員会で受賞者を決定する
  • 発表:学術大会期間中に受賞者を発表して表彰する。

原則として得票数に基づいて選考するが、受賞歴、基礎科学部門及び臨床・社会部門の発表演題数に応じた受賞者数なども考慮する。

利益相反(conflict of interest,COI)の開示について

研究の公平・公正さを維持しつつ産学連携研究の適切な推進を図るため、日本時間生物学会では第23回学術大会より、発表時にスライドの最初あるいはポスター内の任意の場所に利益相反(産学連携活動により個人が取得する利益と、公正な教育・研究における責任が相反する状態)を開示していただくこととなりました。当学会の利益相反マネジメントに関する指針、および開示の様式は以下の学会ホームページより確認、ダウンロードできます。

http://chronobiology.jp/coi.html